忍者ブログ

サッカーバカの勝手にフットボール解説

バカが付くほどのサッカー好きの管理人が、世界のサッカー情報を配信し時には評論家になりきり試合の総評をします。

   
カテゴリー「クラブワールドカップ」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

決勝を見終えて

この試合を一言で総評すると、

バルサの組織が確立したサッカーが1枚も2枚も上手だったって事です。

                                      22d04b07.jpg


試合開始からポゼッションはバルサが握り何度となくメッシを中心にサントスゴールに襲いかかります。

一方サントスは防戦一方で攻撃の糸口がつかめず、ネイマールにもボールが渡らずチャンスといったチャンスがありませんでした。


試合は攻守の切り替えが早いながらもサントス陣内でのプレイが続き前半16分メッシのゴールで均衡が破れます。

セスク → イニエスタ → メッシ → ゴール

役者がそれぞれの仕事をしてゴールを奪う。

まさに組織のサッカーです。

                                      b89b6e64.png


そして特筆しべき点はサイド攻撃にこだわった事

クラウディオラ監督の戦術かどうはわかりませんが、4点すべて右サイドからの攻撃と言うこと。

左サイドでボールを持って相手を左サイドに引き付けて右にスペースを作ったら一気にサイドチェンジをして一気に攻める。

ボールを奪われればすぐにディフェンスに切り替える。

そしてまたサイド攻撃を仕掛ける。

単にこの繰り返しだけど、その中でボールをまわしながら突破口を見つけて、突破口があったら一気に攻めて得点する。

その得点にはかならずメッシが絡んでいる。


メッシを止めれば失点を防げたか?


答えはNoです。

メッシを止めても、と言うよりメッシを止めるのに2,3人は必要です。

そうすればどこかにスペースが生まれてそこを付かれて失点する。

まさに2点目の失点がその展開です。

メッシのフリーランニングに3人が引っ張られて、メッシの後ろにスペースが生まれてそこを付かれた失点です。


試合が終わってみて4点差。

南米チャンピオンがなにも出来ずに負けて思うことは、ネイマールの今後について。

今年の夏、ネイマールはR.マドリードからのオファーを断ってサントスと14年まで契約を延長。

この時のネイマールはクラブワールドカップで自分の実力を試したかったんではないか?

そして今日、自分の実力がわかり夢が破れた今ネイマールは何を思うか?

今冬の移籍はないにしろ来年の夏はヨーロッパのビッククラブに移籍するだろうと思う。

理由はバルサを倒すため。

そうすると移籍先はレアルが有力候補だろう。

                                       49f7c443.jpg

                             近い将来、こんな対決がヨーロッパで見れるかもしれない


さて、世界最高で最強と言われるバルサを倒すのはどこのチームか?

これは、今シーズンのチャンピオンズリーグでのこれからの楽しみです。
PR

サントスは追いつくことが出来るか?

後半の見所は先ほども書きましたが、前半の悪いところをサントスが修正して追いつくことが出来るかです。

前半3分 サントスもサイド攻撃でネイマールにクロスを上げるがネイマールは伸び気ってボールはゴールバーの上。

サントスはこの攻撃を繰り返す必要があります。

バルサのセンターバックのプジョルとピケを中央突破するのは難しいですからね。


後半10分 ピケに変わってマッスチェラーノ

これはサントスにとってチャンスかもしれません。

誰がピッチに立っても同じ事をする。それがバルサの哲学。

でも途中から入る選手は試合の雰囲気に慣れていないため周りの選手とちょっとずれがでてきます。

このズレを早く突いて得点するのがサントスの突破口かもしれません。


後半38分 メッシ今日2点目

                                    6607ca19.jpg

これもまたサイドから崩されています。

そしてダニエアウベスからのパスをゴール前で左のアウトでチョンとかわして4点目

このまま試合は終わるかなと思ってましたが、まさかバルサが点を取るとは思ってませんでした。



試合終了


バルサ 優勝!

バルサ×サントス 前半を終えて

前半を終えて3点差でバルサリード。

こんな展開を誰が予想したかな?

熱狂的なバルサファンなら予想しただろうけど、サッカーを知ってる人なら誰も予想はしなかったでしょう。


前半を振り返ってみて、バルサのポゼッションが高いのが目に付きます。

これはある程度予想は出来たでしょうが、70%を超えるとは思いませんでした。

そしてバルサとサントスの決定的な違いは攻撃パターン

バルサはメッシ、サントスはネイマールが中心になりますが、両選手にボールが渡るまでの展開です。

サントスは防戦一方なのでボールを奪うととにかく前へボールを運びたいばかりに中央でネイマールにボールを渡す。

そうするとネイマールのはプジョルがびったりマークについてるので潰されることが多い。

                                      bd0c422a.jpg


一方、バルセロナはどうかというと、気がつきましたか?3点ともダニエアウベスからのクロスであることに。

つまりすべてすべて右サイドから崩されて失点してるんです。

ハーフタイムにこのことに気がついて修正できるかがサントスが失点を防ぎ、得点出来るかの鍵だと俺は思います。


それでは後半を見てみましょう。

二人の天才が激突

マラドーナが認めたメッシ

キング ペレが認めたネイマール

直線的にスピードで相手を振り切るメッシ

フェイントで相手を振り切るネイマール

プレイスタイルこそ違うが南米の天才二人が日本で見られること感謝です。


バルサ主導で試合に入っていきましたが、先に見せ場を見せたのはサントスのネイマール。

ゴール前でボールを受けてドリブルで3人の間を突破を試みるがさすがに止められましたが、スタジアムはすごい歓声でした。


試合は攻守の切り替えが早い展開でしたが、前半16分にメッシの得点で先制。

                                      86bcff8a.jpg

メッシのゴールに目が行きがちですがここですごいのはメッシにパスを出したイニエスタ。

セスクからのパスをヒールのような形でトラップをして走りこんでいるメッシにラストパス。

セスクからのパスを受けるときに体制を崩しているのもかかわらず、メッシの動きが見えていて正確にパスを出す技術があるからメッシのゴールが生まれたことです。


前半24分 シャビのゴールで2点差。

                                      0b2a696b.png

このゴールはダニエアウベスからのクロスにサントスのマークがずれてシャビが得点したように見えますが、なぜマークがずれたかがポイントです。

ダニエアウベスが右サイドで開いてパスを受けたとき、中央ではメッシが徐々にスピードを上げながらゴール前に走りこんでいます。

そうすれば当然ディフェンダーはメッシにマークに着きますが、相手がメッシだけにサントスのディフェンダーが3人引っ張られたんです。

そうするとメッシの後ろにはスペースが出来てダニエアウベスはそこにクロスをあげる。

そこにシャビが走りこんできてサントスのディフェンダーが気がついたときは時すでに遅し。

交錯しながらもシャビが2点目を決める。

ボールを持ってなくてもフリーランニングでチャンスメイクできるメッシです。


前半45分 セスクの得点で3点差

                                      33ce44d2.jpg

誰がこの試合前半だけで3点差が付くと思ったでしょうかね?

俺は3点差も付くとは思ってもませんでした。

この得点もメッシが絡んでいます。

エリア内でボールを受けたメッシが倒れるかと思ったら倒れずにキープしてヒールでダニエアウベスにパス。

ダニエアウベスは中央に折り返してシャビがヘッドでゴールを狙ったのをキーパーがセーブしたボールをセスクが押し込む。


まさか、まさかの3点差です。





今夜決定!世界一のクラブ

いよいよ今夜クラブワールドカップの決勝が横浜国際総合競技場で決まります。

俺が子供の頃は国際試合と言えば国立競技場だったけど今は横浜が多いですね。

そんな事はどうでもいいか。

今大会の見どころは、予想通りバルセロナ×サントスのエース対決でしょ。

バルセロナのエースと言えば、誰もが知っているメッシ。
あのマラドーナにマラドーナ2世と言わせた才能は本物。
ひとたびボールを持ってゴールに向かったら止めるのは至難の足技の持ち主。

                                      f23b0983.jpg   
                                         


対するサントスは、ネイマール。
今年のヨーロッパの各リーグが開幕する前にバルセロナやR.マドリードと言ったビッククラブがその才能を認めて、オファーを出したけどサントスに残留して今回のクラブワールドカップに出場。

実力派メッシに劣らず足技の持ち主。
わずか19歳にしてブラジルの名門サントスのエースに君臨しクラブを40年ぶりの世界一に導こうとしています。

                                      c9f026c1.jpg


さて、この二人の対決ですが今回が初めてではありません。

サントスはブラジル代表、メッシはアルゼンチン代表としてブラジルワールドカップ予選で対決しています。

その時の結果は、メッシの得点でアルゼンチンの勝利で終わっています。

サントスにとって、今日の対戦はクラブ同士の戦いであると同時に、予選での貸しを返す試合でもあるんです。


両チームとも攻撃重視のチーム編成なのでワンタッチで攻守の展開が変わるほどスピードのある試合展開になると思います。


メッシとネイマールがボールを持ったときは要注意です。

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
サッカーバカ
性別:
男性
自己紹介:
小・中・高・大と弱小ながら体育会系のサッカー部に所属し、卒業後もサッカーをこよなく愛するサッカー小僧です。

サッカー見るならスカパー

アクセス解析

ブログ応援よろしく!

ブログランキング

人気ブログランキングへ
Copyright ©  -- サッカーバカの勝手にフットボール解説 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]