忍者ブログ

サッカーバカの勝手にフットボール解説

バカが付くほどのサッカー好きの管理人が、世界のサッカー情報を配信し時には評論家になりきり試合の総評をします。

   
カテゴリー「チャンピオンズリーグ」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CL準決勝2legの展望

チャンピオンズリーグ準決勝1legはバイエルンとチェルシーが勝ち、スペイン勢のレアルとバルサは落とす結果となりました。
 
来週、準決勝の2legがあるのですが、この2legの結果を予想するには今週末の各国リーグ戦がカギを握るでしょう。
 
バイエルンはドルトムントとの首位攻防戦に敗れ、その後のマインツ戦がドローに終わりドルトムントに優勝の王手をかけられてしまいました。
 
チェルシーはプレミアでの優勝は無理ですが来季のチャンピオンズリーグストレートインを狙うべく敵地エミレーツでアーセナルと戦います。
 
レアルとバルサですが、ここは凄いことになってます。
なんと今週末は事実上優勝をかけたクラシコがあります。
 
今週末のリーグ戦の対戦相手を見る限り一番優位に立っているのはバイエルンですね。
優勝はもうないので2軍で戦い、主力メンバーを休ませて2legに臨むことができます。
 
チェルシーは来季を見据えれば負けられない試合でしかも相手がアーセナルとなれば主力を温存するのは無理でしょう。
 
レアルとバルサは何も言わなくても両チーム共主力メンバーでくるでしょう。
この対戦は伝統とプライドのぶつかり合いですから一番難し試合です。
 
チェルシー、レアル、バルサの3チームは週末の試合も主力で戦う事が必要でもしその試合で誰かだ怪我で戦線離脱でもすればそれはチャンピオンズリーグ準決勝敗退を意味するでしょう。
 
こういった状況を踏まえるとレアルには悪いがバイエルンは決勝に当確
 
チェルシーとバルサはというと、チェルシーの方が優位と見ます。
 
チェルシーはアーセナルとの試合ですが、ここ最近のアーセナルの好調を支えていたアルテタが怪我で離脱。
ベナユンはチェルシーからの期限付き移籍のため出場できないとなれば中盤にやや不安があり絶好調のアーセナルではないのでお互いに引いて面白くないゲームでドローに終わるかもしれないです。
 
バルサはクラシコを制すれば優勝が見えてくるので絶対にメンバーを落とすことはないだろうし、今までのクラシコの対戦成績はバルサ86勝、レアル86勝、あとは引き分けなのでまったくの五分の成績なのでプライドと意地と伝統を両チームともかけて戦うので消耗は激しいでしょう。
 
 
そうなると今季のチャンピオンズリーグの決勝はバイエルン対チェルシーになり
 
優勝はバイエルンですね。
 
理由は単純、バイエルンホームのアレアンツアレーナだからです(笑)
PR

CL準決勝1legの結果 その2

チャンピオンズリーグ準決勝第二試合
 
チェルシー対バルセロナ。
 
この試合はチェルシーファン以外はバルセロナの勝利を試合前から確信していたでしょう。
今のバルサを止めるのはとても難しいですし、プレミアリーグで6位に甘んじているチェルシーにリーガでレアルと首位争いをしているバルサとではこの事実から見ればバルサ有利と予想するのが普通でしょう。
 
しかも、チェルシーは週末にFAカップの準決勝をトテナムと戦い、この試合でダビド・ルイスを怪我で欠く布陣で臨まなくてはならないのでホームでも厳しい試合が予想されました。
 
試合開始からバルサはチェルシーゴールを何度となく脅かい続けますがゴールバーやポストに助けられながらも持ちこたえます。
 
そしてチェルシーに最大のチャンスがやってきます。
中盤でメッシからボールを奪うとドログバは一目散にゴールめがけて走り出します。
チェルシーはカウンターを狙う戦法なので当然ですが、このカウンターが大当たりとなりチェルシーが先制ゴールを奪います。
 
ここからバルサは何度となくチェルシーゴールに襲い掛かりますがテリーを中心としたディフェンス陣とランパードを中心とした中盤が持ちこたえ時間だけだ過ぎていきます。
 
後半に入りグラウディオラはサンチェスに変えてペドロ、セスクに変えてティアゴ、最後はシャビをクエンカに交代させてまでゴールを狙います。
 
後半のアディショナルタイムには2回のチャンスをポストとシュートミスで決定機を逃し試合終了。
 
まさかの完封負けを喫しました。
 
バルサはイングランドで勝った事がないジンクスがありますが、またもやこのジンクスを崩すことができずさらにアウェーゴールすら奪えなかったので2legはホームカンプノウでも決勝に勝ち上がるには厳しい試合結果でした。

CL準決勝1legの結果 その1

今週はチャンピオンズリーグ準決勝2legの2試合があり多分大方の予想を裏切った結果になったのではないでしょうか。
 
第一試合 バイエルン対レアルマドリード
バイエルンホームで行われたこの試合、私はレアルが勝つと思ってました。
勝たなくても引き分けだと思い、バイエルンの勝ちは予想すらしませんでした。
その理由は、ブンデスリーガーでの対ドルムント戦を見て攻撃に威圧感を感じなかったからです。
しかし、レアル戦ではリベリー、ロッペン、ラームといった選手が機能し立ち上がりからレアルを圧倒し前半の早い時間に先取点を奪いその後もレアルゴールを脅かし続けました。
 
前半は両者譲らず1-0で終わり後半モウリーニョは動きましたね。
マルセロを投入して攻撃に幅を持たせましたが、ここで不可解なポジションチェンジがありました。
前半、クリスチャノロナウドはラームにことごとく封じられて得意の左サイドではなく右サイドにポジションを変えてプレーしてました。
 
後半はマルセロが右に投入されたことによって左に戻ってきましたが、やはりラームに封じ込められて思うようにプレイが出来ない状態が続きました。
 
前半に封じ込められたのをモウリーニョはわかっていながらロナウドを左に戻して右にマルセロを投入した意味が分かりませんでしたが、さすがはモウリーニョこの采配は当たりました。
 
後半、右でボールを受けたマルセロはドリブルで切り込んでクロスを上げるも一度は弾き返されるも
弾き返されたボールをゴールラインギリギリで折り返したロナウドのボールをエジルが丁寧にゴールに決めて同点。
 
マルセロを右、ロナウドを左で起用する采配がズバリ当たった瞬間でした。
 
しかしその後は再びバイエルの猛攻に合い試合終了間際にゴメスに決められて試合終了。
 
ホームで勝ったバイエルですが、アウェーゴールを奪われたので2legは気を抜けない試合になりそうです。

ビッククラブがホームで勝つとよくある出来事


UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグの好カード「バルセロナ対ACミラン」
 
バルセロナはスペインのビッククラブでACミランはイタリアのビッククラブ
このチームに限らずビッククラブ同士の戦いではよくおこる出来事があります。
それは国の違いによっておこる事ではないです。
 
バルセロナはクラシコと呼ばれるレアル・マドリードととの戦いでも起きます。
ACミランはミラノダービーと呼ばれるインテル・ミラノとの戦いでも起きます。
それは何かと言うと
 
レフリーの判定に対する批判?不満?のようなこと。
 
今朝の早朝にバルセロナ対ACミラン戦はあったわけですが、この試合でACミランのイブラヒモビッチはレフリーの判定に対し不満の声をあげました。
 
その原因となったのが2回のPKに対する判定。
バルセロナにPKを与えると言うことはペナルティーエリア内で反則があったからなのですが、この反則とジャッジするレフリーが自信を持ってジャッジしたかが問題になります。
 
ペナルティーエリア内でファールを犯した選手はファールを犯したとは思っていないのでレフリーに「このプレーはファールじゃない」とアピールします。
反対にファールをされた方は、ペナルティーエリア内なのでPKを貰えるのでファールを主張します。
ペナルティーエリア内でのせめぎあいではよくある光景です。
 
このジャッジの難しいプレーにどのようなジャッジを下すかがレフリーの質の高さが問われるところですが、この試合は2回ともPKの判定でした。
 
この2回のPKを含めてバルセロナは3点、ACミランは1点でバルセロナが準決勝にコマを進めました。
 
この2回のPKが正しかったかどうかは今となっては判定が覆るわけではないのでどうしようもないのですが、私が言いたいのは、もしレフリーのジャッジがホーム寄りのジャッジをするレフリーがいるならば今すぐレフリーをやめてほしい。
 
試合を戦ってる選手は勝つために優勝するために戦っているのにレフリーがホーム寄りのジャッジをすれば試合が台無しになるのは目に見えている。
 
さらにスタジアムやテレビで観戦しているサポーターに失礼である。
 
レフリーはフェアーなプレイをさせるために試合をコントロールするのは構わないが、それ以外でレフリーが試合をコントロールしたらその試合は台無しになってしまう。

ACミランが戦う相手は魔物?それとも

11/12シーズンUEFAチャンピオンズリーグは準々決勝セカンドレグまできました。

 

ここまで来るとどのカードも好カードですが、その中でも好カードなのがACミランvsバルセロナです。

 

このカードは予選グループでも対戦があったため、今大会だけで4回目の対戦です。

 

予選グループでの戦いはさておき、準々決勝のファーストレグはACミランホームのサンシーロで0-0のスコアレスドローでした。

 

セカンドレグに向けてこのスコアレスドローをどう見るかですが、私はバルセロナ優位とみます。

 

ファーストレグはスコアレスドローでACミランに取ってはアウェーゴールを奪われなくて良かったのですが、ホームで点を取れなかったのは今後の展開が辛いですね。 

 

一方バルセロナは、アウェーで負けなかったのは良かったのですが、アウェーゴールを奪えなかったのは辛いですね。

 

ファーストレグはスコアレスドローであり、お互いに優位、不利のある試合結果でした。

 

では、セカンドレグはどうかと言うとACミランは勝つか1点以上の引き分けで勝ち抜けです。

バルセロナは勝ち抜けるには勝つしかありません。

 

こう見るとACミラン優位に思いますが、セカンドレグはバルセロナホームのカンプノウです。

私はこのカンプノウには魔物が住んでいると思っています。

過去にカンプノウの魔物にやられてしまったのがアーセナルです。

 

アーセナルvsバルセロナのカードは昨シーズンと一昨シーズンの二年連続で実現しましたが、ファーストレグはアーセナルホームでアーセナルが勝ったのですが、セカンドレグはバルセロナホームのカンプノウで負けてトータルスコアで負けているのです。

 

このアーセナルの負け方ですが、負けたチームなので決していい内容のゲームとはいえませんが、ホームで勝ってアウェーで負けない限り勝ち抜けが決まりバルセロナよりは優位に立っていながら二年連続でカンプノウで敗退をしているのです。

 

アーセナルのホームスタジアムの収容人員は約6万人に対して、バルセロナのホームスタジアムのカンプノウは収容人員が約10万人と世界最大の収容人員を誇るスタジアムです。
そのスタジアムにバルセロナファンが押し寄せるのです。
バルセロナのようなスペイン国内のみならず世界的にみても名門クラブのファンが奏でるチャントに圧倒されないわけがない。
 
ACミランはバルセロナ史上最強と言われるチームとそのチームのサポーターを相手にしながら今日のセカンドレグを戦わなくてはならない。

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

プロフィール

HN:
サッカーバカ
性別:
男性
自己紹介:
小・中・高・大と弱小ながら体育会系のサッカー部に所属し、卒業後もサッカーをこよなく愛するサッカー小僧です。

サッカー見るならスカパー

アクセス解析

ブログ応援よろしく!

ブログランキング

人気ブログランキングへ
Copyright ©  -- サッカーバカの勝手にフットボール解説 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]