忍者ブログ

サッカーバカの勝手にフットボール解説

バカが付くほどのサッカー好きの管理人が、世界のサッカー情報を配信し時には評論家になりきり試合の総評をします。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

セリアA前半戦総括

前回ユベントスの前半戦総括を行いましたが、今回はセリエA全体の総括をしようと思います。

まずは前半戦を終えての順位のおさらいです。 ⇒ セリエA順位表

この順位表を見てカルチョスキャンダル当時のセリエAを知ってる人ならあれ?って思うでしょう。

当時は、ユベントス、ACミラン、インテル、ローマのビック4が上位で勝ち点を争っていましたが、今はビック4にウディネーゼ、ナポリ、ラツィオの4チームが加わってビック7になっています。

f68fda8a.jpg
得点王争いをするナポリのカバーニ
 
が実は今期に限ってですが、八百長問題でアタランタは勝ち点-6からのスタートで11位につけています。
もし、勝ち点-6がないと勝ち点26で得失点差でインテルより上位にる事になります。

今期は勝ち点10の中に7チームがひしめきあう混戦状態です。


そんな中序盤戦勝ちきれずに勝ち点を取りこぼしていたインテルが5位まで浮上しユベントスとの直接対決で敗れはしたものの得失点さで首位につけているACミランはさすがです。

6b8fe35c.jpg
優勝請負人の別名を受けるイブラヒモビッチ
 

さて後半戦ですが、ユベントスの総括でも書きましたがヨーロッパでの戦いがない分ユベントスが有利であることには変わりはないと思います。

ユベントス以外では最近力をつけてきているナポリが有力ではないかなと思いますが、ナポリ、インテル、ミランは2月から再開するチャンピオンズリーグでの決勝トーナメントでの戦いがあるので、1月中にどれだけ貯金を作れるかが優勝へのカギになると思います。

またミランはアンチェロッティーがパリサンジェルマンの監督に就任しパトをパリに連れてきたいと思っているようなので1月の移籍市場での動き次第ではチームのバランスが崩れることが予想されます。

1月7日から再開されるリーグ戦はヨーロッパ戦を見据えながら観戦すると一味違った楽しみ方ができます。
PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
サッカーバカ
性別:
男性
自己紹介:
小・中・高・大と弱小ながら体育会系のサッカー部に所属し、卒業後もサッカーをこよなく愛するサッカー小僧です。

サッカー見るならスカパー

アクセス解析

ブログ応援よろしく!

ブログランキング

人気ブログランキングへ
Copyright ©  -- サッカーバカの勝手にフットボール解説 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]