忍者ブログ

サッカーバカの勝手にフットボール解説

バカが付くほどのサッカー好きの管理人が、世界のサッカー情報を配信し時には評論家になりきり試合の総評をします。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ディフェンス陣の崩壊

今週の火曜、水曜でチャンピオンズリーグ1回戦セカンドレグが終了しベスト8が出そろいました。

ベスト8の顔ぶれは常連チームに加え、新顔のチームもあります。

ここまで勝ち進んできたチームですから実力があるのは当然ですが、ここからが正念場ですね。

さて、今回のタイトルになっている「ディフェンス陣の崩壊」ですが、決勝トーナメント1回戦セカンドレグでは大差で敗退したチームが2チームあります。

一つはバルセロナと戦ったレバークーゼン。

もう一チームはバイエルンと戦ったバーゼル。

レバークーゼンはドイツのチームで、バーゼルはスイスのチームです。

バーゼルにはかつて鹿島アントラーズの中田選手が所属していたチームです。


この2チームは1試合で7点も取られて敗退をしました。

1点差やドローの多いサッカーの試合で7点差で負けるのはめったにないことなので、負けたチームの選手の失望感は相当のものだと思います。


では、この2チームがどうして負けてしまったのか?

ターニングポイントとなるのは先取点です。

バルセロナにはバロンドールを3回連続で受賞したメッシをはじめ、セスク、イニエスタ、シャビと言ったテクニシャンが中盤にそろっています。

一方、バイエルンは高速ドリブルを最大の武器にするロッペンとリベリがいます。

両チームとも他の選手のレベルも高いですが、ここに名前の挙げた選手が起点となって攻撃がスタートしたり加速していきます。


そうなると相手チームはどうやって起点となる選手を抑えるか、封じ込めるかがカギになってきます。

レバークーゼンは前半20分過ぎまではメッシを抑えてあまり自由に仕事をさせませんでした。

その変わり他の選手がある程度自由に動けているのでピンチもたびたびありましたが、いい流れで20分過ぎまでは試合ができていたと思います。

しかし。20分過ぎにメッシに先取点を奪われてしまいます。



バーゼルはロッペンとリベリは両サイドを駆け上がるのサイド攻撃に注意しながら試合を進めたかったのでしょうが、早い時間に失点をしてしまいました。



こうなるとビハインドとなったチームはどうするか?

当然点を取りに行きます。

ここで今までの流れが変わってしまうんです。



レバークーゼンもバーゼルも試合前のミーティングで誰が誰をマークするのか?メッシがこの場面でボールを持ったら2人でマークにいくだとか決めごとがあったはずです。


しかし、先取点を奪われたことにより試合の主導権は相手が握ることになったので、今までのフォーメーションを崩してでも点を取りにいかなければならないんです。

これはある意味ギャンブル的な要素が含まれています。

今までのフォーメーションを崩して点を取りに行って同点に追いつければいいのですが、点を取れなかったときは前がかりになっている裏を取られてカウンターを食らってしまいます。

現にバーゼルもレバークーゼンも2点目はカウンターからの失点でした。



こうなると選手は一種のパニック状態です。

同点に追いつきたいけど点が取れない。

同点に追いつくどころかさらに失点をしてしまった。

こう思うと攻撃も中途半端になりフォーメーションは崩れ、マークはバラバラになります。

つまり、何をやってもうまくいかない。

どうやってこの状況を打開すればいいのかがわからなくなるんです。



この状況を打開する策は3つ

1つ目は点を取ること。
3点差だった試合が1点返しただけであっという間に同点になり逆転することだってあります。

いつだっか忘れましたが、チャンピオンズリーグ決勝のACミラン対リバプール戦で前半だけで3点差がつきACミランの優勝かと思っていた試合ですが、リバプールが1点返すと6分間のあいだに2点とり最後はPK戦までもつれ込みリバプールが逆転優勝したこともあります。


2つ目はハーフタイム
今までの流れを変えるに一度ゲームを切るのも一つの方法です。
サッカーは試合が始めれば監督はテクニカルエリアから大声で選手に指示を出すことしかできません。
なのでハーフタイムに落ち着いて選手に後半の作戦を伝え士気を高めることが出来るからです。


3つ目は選手交代
選手交代は試合の流れを変えるのに有効な手段です。
前半だけでも試合をすると相手の攻撃パターンがなんとなくわかるものです。(攻撃が読まれる)
なので攻撃のパターンを変えることによりゲームの流れを変えることが必要になります。

しかし選手交代のタイミングは非常に難しいです。
試合が硬直状態になり流れを変えたいと思うのものの、選手のコンディションや動きは悪くないのでここで選手交代をしていいものか?と小学生のチームを預かる私でも悩むほど選手交代のタイミングは難しいものです。


この有効な手段をレバークーゼンもバーゼルも試してきました。

しかし、一度流れに乗ったチームを止めることはできずにさらに失点を重ねついにはディフェンス陣の崩壊につながったのです。



レバークーゼンもバーゼルもチャンピオンズリーグでの戦いは終わりましたが、まだそれぞれの国のリーグ戦が残っています。

今週末、両チームがチャンピオンズリーグでの敗戦の結果を引きづってしまわなければいいと願うばかりです。
PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
サッカーバカ
性別:
男性
自己紹介:
小・中・高・大と弱小ながら体育会系のサッカー部に所属し、卒業後もサッカーをこよなく愛するサッカー小僧です。

サッカー見るならスカパー

アクセス解析

ブログ応援よろしく!

ブログランキング

人気ブログランキングへ
Copyright ©  -- サッカーバカの勝手にフットボール解説 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]