忍者ブログ

サッカーバカの勝手にフットボール解説

バカが付くほどのサッカー好きの管理人が、世界のサッカー情報を配信し時には評論家になりきり試合の総評をします。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

超攻撃型フォーメーションの布陣

日本時間、明日の早朝に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のセカンドレグ


アーセナルはホームのエミレイツにACミランを迎えての試合。
ファーストレグはサンシーロで4-0の完敗を喫しただけにこの試合で相手を完封しなおかつ5点取らないとセミファイナルのステージに進めない状況のなかヴェンゲルは攻撃型の布陣で戦うことを明言。



セカンドレグの何を思うヴェンゲル

ヴェンゲルのサッカーはパスを主体とするサッカーなので攻撃型の布陣と言っても、中盤にパスを受けて出せる選手やためを作れる選手、ドリブルで仕掛ける選手、相手の攻撃の芽を摘む選手と多様な選手を中盤にそろえて攻撃をするスタイルです。


このスタイルはアーセナルに限らず、今のサッカー界のトレンドとなってる布陣だと言える。


でも今回のアーセナルは中盤よりも前線に選手を多くそろえる布陣で臨む事になるかもしれない。
と、言うよりその布陣しか組めないと言った方がいいかもしれない。


中盤の要であるベナユン、アルテタ、ロシツキー、ソングの4選手のうちベナユンとアルテタは怪我、控えのラムジーやジャック・ウィルシャーも万全の体調ではない。


そうなると誰が体調万全かというと、ファンペルシー、ウォルコット、シャマフ、ジルビーニョ、パク・チュヨンにチャンバレンと言ったフォワード登録されている選手(チャンバレンはミッドフィルダー登録)


こうなるとヴェンゲルは中盤に重視するより前線を重視するかもしれないというのが大方の予想。


でもフォーメーションを考えれば前線に6人、中盤が2人、ディフェンスが2人なんて言うフォーメーションはあり得ないので、チャンバレンやシャマフあたりは中盤で起用することも考えられる。


いずれにせよ攻撃型布陣でいくと名言したヴェンゲルは半分本気で半分リップサービス的な要素が含まれているのだろう。
PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
サッカーバカ
性別:
男性
自己紹介:
小・中・高・大と弱小ながら体育会系のサッカー部に所属し、卒業後もサッカーをこよなく愛するサッカー小僧です。

サッカー見るならスカパー

アクセス解析

ブログ応援よろしく!

ブログランキング

人気ブログランキングへ
Copyright ©  -- サッカーバカの勝手にフットボール解説 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]