忍者ブログ

サッカーバカの勝手にフットボール解説

バカが付くほどのサッカー好きの管理人が、世界のサッカー情報を配信し時には評論家になりきり試合の総評をします。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2人のレジェンドがプレミア復帰

先週から今日にかけてプレミアリーグでは2人のレジェンドが現役復帰しました。

1人は年末頃から噂され年明けにヴェンゲル監督が明言したアーセナルのレジェンド「ティエリ・アンリ」

ef3e99f4.jpg
プレミア復帰すぐに決勝点をたたき出したアンリ
 
もう一人は昨シーズンでユニフォームを脱いだマンチェスター・ユナイテッドの「ポール・スコールズ」

アンリのプレミア復帰は昨年末から噂されていたのでついに復帰だ!と思ったんですが、スコールズの復帰には正直驚きました。

スコールズの復帰に驚いたのは俺だけじゃなくて、チームメイトのルーニーでさえも復帰については「ドレッシングルームで聞いた」といっているので、この復帰計画はファーガソンとスコールズの極秘計画だったのでしょう。

57648e28.jpg
プレミアリーグに復帰したスコールズ
 
さて、アンリのプレミア復帰はメジャーリーグサッカーのオフシーズン中のみなので、ベッカムがACミランにローンで移籍してきたのと同じですね。

あくまでもアンリの所属はニューヨーク・レッドブルズでアーセナルへはローン移籍です。

一方、スコールズは完全にプレミアリーグ復帰です。
昨シーズン後にユニフォームを脱いでからスコールズはコーチとしてマンチェスター・ユナイテッドに留まりトレーニングも続けていました。

現役引退後間もないのとトレーニングを積んでいたことで現役復帰できたのですが、現役復帰した理由がちょっと気になりますね。

今のマンチェスター・ユナイテッドは怪我人が多く決してベストメンバーではないのは誰もが見てわかるでしょう。

ベストメンバーを組めないとなると今までベンチを温めていた選手には自分をアピールするチャンスが来ます。

また、怪我人が出たことでベストメンバーではないが、今までベンチを温めていた選手を起用することで自然とチームの連携や世代交代が出来るのです。


しかし、ファーガソンは控えの選手にチャンスを与える事よりもスコールズを復帰させ起用することで今の厳しい状況を切り抜けようと考えたのでしょう。

ファーガソンの考え方はそれも1つでしょうが、控えの選手はどう思っているでしょう?
もしかしたらチーム内に不協和音が生まれるかもしれません。

それほど引退した選手を復帰させるのは危険を含んでいるので、これからのマンチェスター・ユナイテッドのスタメンに注目してみましょう。
PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
サッカーバカ
性別:
男性
自己紹介:
小・中・高・大と弱小ながら体育会系のサッカー部に所属し、卒業後もサッカーをこよなく愛するサッカー小僧です。

サッカー見るならスカパー

アクセス解析

ブログ応援よろしく!

ブログランキング

人気ブログランキングへ
Copyright ©  -- サッカーバカの勝手にフットボール解説 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]