忍者ブログ

サッカーバカの勝手にフットボール解説

バカが付くほどのサッカー好きの管理人が、世界のサッカー情報を配信し時には評論家になりきり試合の総評をします。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スコールズ復帰2戦目でスタメン出場

第21節 マンチェスター・ユナイテド × ボルトン
 
前節の結果
 
リーグ戦、FACUP含めて3連敗中のマンチェスター・ユナイテッドは絶対に負けられない試合です。 
 
驚きはスコールズが復帰2戦でスタメン復帰。
 
 
この復帰は若手が育っていないか?即戦力を呼んでこれない経済的問題かその他の問題があるのかわかりませんが、短期的に見ればスコールズの復帰はいいかもしれませんが長期的に見ると来期スコールズのポジションを誰がやるのか?など問題があるでしょう。
 
近年の世代交代ではビック4の中では一番上手くいっていたマンチェスター・ユナイテッドですがもしかしたら何らかの問題を抱えているのかもしれません。
 
前半は、ナニ、ルーニーがボルトンゴールを脅かしている中、20分にドリブルでペナルティーエリア内にボールを持ち込んだウィルベックを後ろから倒してPK獲得。
 
蹴るのはもちろんルーニー。
誰もがここで1点もらったと思ったでしょう。
 
しかしルーニーの蹴ったボールはゴールキーパーのアダム・ボグダンにドンピシャのタイミングで止められて得点ならず。
 
このPKがもしかしたら今後の試合展開に影響を与えるプレーなのかもしれません。
 
その後もボルトンゴールに赤い悪魔が襲いかかりますが、アダム・ボグダンのファインセーブでゴールを割れませんが、アディショナルタイムにルーニーからのパスをスコールズが右足で丁寧に流し込んで先制。
 
復帰2戦目でスタメンに名を連ね、ゴールを決めるとはやはり役者ですね。
 
8cb70dd4.jpg
 
先制点を決めて喜ぶスコールズ
 


後半は24分にスコールズに変わってギグス、ナニに変わってパクチソン
 
スコールズはトレーニングを続けていたと言っても半年以上試合から離れていたのでフルタイム戦うのはやはりむずかしいのでしょうか?ここでギグスに交代です。
 
ここでギグスを出すことに少し疑問もありますね。
 
先ほども書きましたがやはり若手の選手がファーガソンの思ったように成長していないことがここでも伺えます。
 
試合のほうは後半29分にウィルベック、38分にキャリックのゴールで3点差でマンチェスター・ユナイテッドの勝利。
 
連敗は3でストップしたけど、選手層の問題を出してしまったファーガソンにしては珍しい采配だと思ったのは俺だけかな?
 
 

PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
サッカーバカ
性別:
男性
自己紹介:
小・中・高・大と弱小ながら体育会系のサッカー部に所属し、卒業後もサッカーをこよなく愛するサッカー小僧です。

サッカー見るならスカパー

アクセス解析

ブログ応援よろしく!

ブログランキング

人気ブログランキングへ
Copyright ©  -- サッカーバカの勝手にフットボール解説 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]